« ちゃ・ちゃあ | トップページ | ずがるい »

ですよ

遠州地域ネタ

言葉そのものは共通語なのだが

よくよく考えるとちょっと変、といった使い方をここいら辺りではたまにではあるがしてるような。

まあ、特異というのではなく全国どこでもそうなのかもしれないがといったものであろうが。

「ですよ」

「私行くですよ。」とか「昔よく通ったですよ。」とかいった言い方。

普通な共通語ならば

「私行くんですよ。」もしくは「私行くのですよ。」

「昔よく通ったんですよ。」か「昔よく通ったのですよ。」

となろうものを。

軍隊調での「行くであります」・「通ったであります」とかいった言い方の名残りという風に考えられなくもないが(あくまで想像)。

それかシナっぽい「行くあるよ」みたいな言い方の一種か。

正解は知らないのだが

それをあえて強引に方言と絡めて勘繰ってみる。(大分こじつけに近いやも)

遠州というより駿河をも含めてのしぞ~か県で広く使われる「ん」または「の」抜きというか省きと考えてみる。

というのも「です」は「だ」が使われるというのが基本となっているからであろうか。

「わし行くだよ。」・「むかぁしよう通っただよ。」

といったもの。

共通語だと「行くのだよ」・「通ったんだよ」などといったものとなろう。

「だ」を丁寧に直したのが「です」で、それをそのまま遠州弁的「の」・「ん」を付けないままで言ってしまうみたいな。

なんで「ん」・「の」抜きするのかというと

「行くだ」(行くのだ)・「行くだ?」(行くのか?)・「行くだか」(行くのか)・「行くだあ」(行くんだ)・「行くだで」(行くので・から)・「行くでえ」(行くことにする・した)もしくは(行くよ・行くから)

などなど(まだ他にもあるが)「だ」でいくつかの意味使いを兼用している。

その中で「ので」「のだ」といった「の」が既に「だ」の中に含まれている?ということで「の」を普通に付けると「のので」・「ののだ」となってかえっておかしく聞こえる。「行くだ?」に至っては「行くの?」と訳しても問題ないわけで「だ」=「の」そのものという使い方すらある。

考えようによっては「ん」・「の」抜きではなくて「だ」に含まれてるから入れないものという理屈が成立するという勘繰りもできなくはないところ。

そういう具合で、おしゃまこいて共通語っぽく「です」を使っても気を抜くと「ん」・「の」がついつい抜けてしまうといった事に陥りやすいというのが考えられる。

和洋折衷ならぬ共通遠州折衷な表現といったところであろうか。まあ、中途半端であってほぼ言い間違いの部類に属すと思えなくもないが。

というのが無理繰り方言と絡めた何故「行くですよ」という言い方になるのかというお話し。ほぼこじつけであったかな。

使ってる方としては言ってから無意識に使ってしまったという意識があるものである。つまりつい方言が出てしまったと。

|
|

« ちゃ・ちゃあ | トップページ | ずがるい »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56529768

この記事へのトラックバック一覧です: ですよ:

« ちゃ・ちゃあ | トップページ | ずがるい »