« ゆわく | トップページ | 無病息災 »

しょんない その4くらい

遠州弁的言い回し

「しょんない」

「しょんない」は「しょうがない」(仕方がない)と「しょうもない」(くだらない)どちらの意でも使われるものである。

「はあしょんない」だと「もうしょうがない」

「どしょんない」だと「ホントくだらない」(とてもしょうもない)

どちらも自分の意と食い違うとか意にそぐわないとかいうものであることは同じ。

「しょんない」とひとつの言葉で済ましてしまうのはそういう心持だからであろうか。ってそれは共通語の「しょうがない」も同じか。

ただ「しょうがない」は遠州弁においては諦めの要素が多く含まれる勢いがあるが「しょんない」は呆れる要素が諦めよりかは強めといったニュアンスの違いを感じるものである。使い方にもよるが、「しょうがない」は悲嘆にくれることもあろうが「しょんない」はあっけらかんっとしてる感じといった違いもある。

例文

「いっくらゆっても直りゃせんで、もうほんとしょんない。」

  (いくら言っても直りゃしなくて、もうどうしようもない。)

呆れて匙を投げてる勢いである。

「きんのうのテレビどしょんなくてばか笑えたや。」

  (昨日のテレビ馬鹿くだらなくて大笑いしたよ。)

|
|

« ゆわく | トップページ | 無病息災 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54072003

この記事へのトラックバック一覧です: しょんない その4くらい:

« ゆわく | トップページ | 無病息災 »