« やれ | トップページ | おもいきっさ »

あれ その2

遠州弁あ行

「あれ」

「あれこれそれ」の「あれ」ではない。

「ゆうだあれ」(言うに決まっとろうが)の「あれ」でもない。(この場合は「だあれ」だけど)

「あれ?変だなあ」といった「おや?」という意の「あれ」でもない。

「あれ松虫が鳴いている」の「あれ」。

これの実用編。

「あれ」は遠州弁というものではなく、古い日本語が遠州ではまだ息づいているというものであろう。

でも他の地域で使わなくなって限られたとこでしか言われなくなって結果「方言」と呼ばれるようになっているものと推測するものである。

といっても古語辞典に記載は無く辞書にあるものだから「旧い」という程のものではないだろうが。

ちなみに辞書には

「あれ」感動詞。{代名詞「あれ」の変化}意外な事に気づいたり感動したり、女性が助けを求める時などに思わず出す声。{長呼して「あれえ」とも言う}

というのと

「あれ」(彼れ)代名詞。①あの・時(所・物・事・状態)。②少し目下の第三者。③はっきり口にしたくないこと、ちょっと忘れたこと、うまく言えないことなどを仮に指す時に使う言葉。

というのがあった。

ここで述べてる「あれ」は感動詞の方であろうかなイントネーションは異なるけど。代名詞の方は①②③いずれも当てはまらない。

感動詞であっても違うところもあって、遠州弁では女性に限ったものではないし感動したりとかいう辺りは異なっていて、遠州弁では意外だという驚きの意という使い方が殆どである点が辞書とは違うところ。

例1

「あれ、なにゆってるよを」

イントネーションは「あ」を強く発するものである。

訳すと「いやそうじゃないだろう」・「え~?なに言ってんだ違うだろ」みたいな感じである。

「おや?」には置き換えれない。「え~?」は近いかもしれないがそこまで驚いてるものではない。

例2

「あれ、持ちいったじゃなかっただけ?」

訳さば「え?なんで居るの?取りに行ったんじゃなかったのか?」

とまあ、このような使い方が主なので、厳密に(誇張して)いえば「あれ松虫が鳴いている」は遠州弁的解釈だと「なんで松虫が鳴いているんだ?」と訝しく思ってるといった勢いとなり歌詞本来の「おや、松虫が鳴いていて風流だなあ」とかいった感動と感じている勢いとは少し離れているのであるが。

それと、風流・情緒といったものではないというのも違う点であろう。

もちろん「あれけっこいやあ」(まあ綺麗なこと!)といった感嘆の使い方もしたりはするのであるから基本は同じ言葉なのであろうが、しかし繰り返しになるが、感動を表わすというよりも意外というのを表わす意として多く用いられるのが遠州弁の「あれ」の特徴であろう。

|
|

« やれ | トップページ | おもいきっさ »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56586099

この記事へのトラックバック一覧です: あれ その2:

« やれ | トップページ | おもいきっさ »