« 遠州弁 入門編 「だら」 | トップページ | 「っつんで」と「つうんで」 »

遠州弁 入門編 「だに」

遠州弁関連

「だに」の使い方。

「だに」は使い方が「だら」より難しく、初心者が使うとえせ遠州弁に陥りやすい。

「だら」と同じで「だ」+「に」というものであろう。「だに」でひとつの言葉というもはないと思える。

「だら」よりも「だに」の使い方は難しい。「だら」は大抵「だろ」に変換すればいいといものであるが「だに」の場合は一概に「だよ」と変換すればいいというものではない。

「だに」→「だよ」という例

「あいつがやってくれたんだよ」

「あいつんやってくれただに」

「だに」→「だよ」ではない例

「言えばやったのに」

「ゆやあやっただに」

というようにこの場合には「だに」→「のに」ということになる。

もっとも音は同じ「だに」だが全くの別物というもので「だに」にいくつもの意味使いがあるというものではなかろう。

次に、変(不自然)と思える使い方としては「さあ今日もがんばるぞ」というのを

「さあ今日もがんばるだに」と言うというもの。受け取り方によっては「がんばるんだぞ」と指示してる風に聞こえる。

こういう場合には「さあ今日もがんばるだよ」もしくは「さあ今日もがんばるに」というのが自然と感じる。

基本的には「に」は共通語の「よ」に置き換えるものであるが、あくまで基本で実用としては「に」=「よ」だと思い込んでしまうとわけが分からなくなる。

なお、「だに」も「だら」と同じように

「に」・「だに」・「だにい」という言い方があって、これらはそれぞれニュアンスが異なるものである。

|
|

« 遠州弁 入門編 「だら」 | トップページ | 「っつんで」と「つうんで」 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56343886

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁 入門編 「だに」:

« 遠州弁 入門編 「だら」 | トップページ | 「っつんで」と「つうんで」 »