« 「っつんで」と「つうんで」 | トップページ | 「ったい」という言葉あれこれ »

したはいいが

遠州弁的言い回し

「したはいいが」

どこをどうみても方言の要素は無いのだが、普段使いとして頻繁に使われる使用度ということでは地域性があるのかもと思って記載。

「あんた、ほれ、安売りだっつってがんこ買ったはいいが、使いおせんくて困ってるだよぉ。」

訳さば「ねえちょっと聞いてよ。安売りだったものだから大層買い込んだはいいんだけど、使いきれなくて参っちゃったよ。」

「~したまではいいんだ(よかった)けれども」を略した言い方なんだろうか。

「したはいいが」は失敗したとかろくでもない結果になったとかいった「やれやれ」な話しで使われることが殆ど。

大抵は笑い話し(実際には笑えないが)に使われる自虐ものであるが、マジな話しで用いると結構むかついてるという勢いが増すことになる。

「知らんっつうもんで、やり方教えてやったはいいが、わるさする方に使いくさってど頭くる。」

  (やり方を知らないっていうから教えてあげたのだけど、それを悪用しやがるので憤慨している。)

やはり、どこをどうみても共通語だろうと思えるけれども、何故か不思議と遠州弁っぽいと感じる言い回しに思える。

露骨に遠州弁っぽくするならば「したはいいだけえが」・「したはいいだあ」・「したはいいだん」とかが思い付く。

文章の頭に付いて「それはいいけど」・「だけど」などといった意味使いで

「したはいいが、今日は駄目だにい。」

という使い方はしない。こういう場合には「そりゃいいけど」・「そりゃいいだけえが」とかが使われる。

ただ掛川とかでよく使われる「したっけが」・「したっけえが」はこういう使い方をしてるのを聞いた事がある。これは例外なのか「したはいいが」にも以前そういう使い方をしていたがいつの頃からか使わなくなったのかは分からない。

|
|

« 「っつんで」と「つうんで」 | トップページ | 「ったい」という言葉あれこれ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56350840

この記事へのトラックバック一覧です: したはいいが:

« 「っつんで」と「つうんで」 | トップページ | 「ったい」という言葉あれこれ »