« 遠州弁 入門編 「だに」 | トップページ | したはいいが »

「っつんで」と「つうんで」

遠州弁的言い回し

まあ特に遠州独特という事もないだろうが、よく使われる言い方なので記載。

「っつんで」と「つうんで」

例えば

「笑っちゃう」+「っつんで」か「つうんで」

「笑っちゃうっつんで」だと訳は「笑っちゃうってえの」

「笑っちゃうつうんで」では訳は「笑っちゃうというので」

「っつんで」も使い方によっては「~というので」という事になるが、「つうんで」の方は「~ってえの」とかいった意味使いは普通はされない。

「あっちゃんが帰るって言ってるからあなた送ってあげなさい。」という文を

「あっちゃん帰るっつうんで送ったげない。」という言い方はするが

「あっちゃん帰るっつんで送ったげない。」という言い方はしない。

「あっちゃん逃げるってえの。笑っちゃうだろ?」という文を

「あっちゃん逃げるっつんで笑っちゃうらあ?」という言い方はするが

「あっちゃん逃げるっつうんで笑っちゃうらあ?」という言い方は訳を「逃げるって言ってるので笑ってしまうだろ?」とすれば有りだが、「逃げちゃやがんの」とかいうニュアンスの意とはならない。

「っつんで」は「ってんで」でに置き換えられるもので、遠州ではどちらも使われる。より遠州弁っぽいということであれば「っつんで」の方であろうかな。

「つうんで」が「てえんで」に置き換えられるのか(そんな言い方ああるのか)というと、無くは無いであろうかな。頻度からしたら「てえんで」は遠州ではあまり使われないと感じるがどうだろう。

|
|

« 遠州弁 入門編 「だに」 | トップページ | したはいいが »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56341402

この記事へのトラックバック一覧です: 「っつんで」と「つうんで」:

« 遠州弁 入門編 「だに」 | トップページ | したはいいが »