« なんだかなあな言い回し | トップページ | 「ほんとけえ」と「ほんとにけえ」 »

「きまってるじゃん」と「きまってるらあ」の違い

遠州弁的言い回し

「きまってるじゃん」と「きまってるらあ」

この言い方の違いを考えてみる。

「きまってるじゃん」は「決まっているじゃないか」と「当然だ」というもので

「きまってるらあ」は「決まってるでしょうが」と「当たり前だろうが」といったもの。

この二つの違いは実用に於いては正直大して無い。

それでもそれをひねくり出すとしたらば

まず「らあ」でもイントネーションを変えるとニュアンスも変わる。

「らあ」(語尾があがる)を使うと「なあ、そう思うだろ?」と同意を求められてる勢いが増す。

「らあ」(「ら」を強く発する)を使うと今更そんな事言うなとか何言ってんだ今頃とかいった「常識だろ」という勢いになる。

「じゃん」の場合、感覚で物を言ってる勢いが増すとともに、あまり根拠というものは感じられず「そうなってる」とか「そういうもんだ」と決めつけてる勢いも受け取れる。

つまり

「じゃん」は感情的と映り

「らあ」は理屈的といえなくもない。

まあどっこいどっこいだ(そんな大差はない)が。

でも「じゃん」を使われると言われた方はムッときやすい傾向はあろう。

|
|

« なんだかなあな言い回し | トップページ | 「ほんとけえ」と「ほんとにけえ」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56196650

この記事へのトラックバック一覧です: 「きまってるじゃん」と「きまってるらあ」の違い:

« なんだかなあな言い回し | トップページ | 「ほんとけえ」と「ほんとにけえ」 »