« 「知らんやあ」と「知いらんやあ」の違い | トップページ | 「いいのけ」と「いいのけ」 »

「どじらんかお」と「しいらんかお」の違い

遠州弁的言い回し

ニュアンスの違い

「どじらんかお」と「しいらんかお」

まあ、どっちもどっちといったもので大して違いがあるわけではないが、そこをほじくりまわすと多少の違いは捻り出せそうかなと。

「どじらんかお」は一切見て見ぬ振りを押し通している様

「しいらんかお」はすっ呆けを押し通している様

知っているのに知らない素振りということであれば「しいらんかお」が使われる事が多い。

知ろうともしないという事であれば「どじらんかお」が使われる事が多い。

例えば非常に忙しい最中において

「しいらんかおして自分の仕事ばっかしてる。」であれば忙しくて手伝わなければいけないのを当人は承知しているが手伝おうとしなくて怒れると言っている。

「どじらんかおして自分の仕事ばっかしてる。」であれば忙しかろうとそうでなかろうと関わりなく自分の仕事しかしなくてむかついてると言っている。

なおイントネーションについては

「しいらんかおして」は「し」・「ら」・「か」をそれぞれ強く発する。

「どじらんかお」は平坦(抑揚をつけない)であるが「かお」の「お」は小文字の「ぉ」といった感じで小さく発する。

|
|

« 「知らんやあ」と「知いらんやあ」の違い | トップページ | 「いいのけ」と「いいのけ」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56387945

この記事へのトラックバック一覧です: 「どじらんかお」と「しいらんかお」の違い:

« 「知らんやあ」と「知いらんやあ」の違い | トップページ | 「いいのけ」と「いいのけ」 »