« 記事に関する言い訳 | トップページ | 「よってく」と「よっていく」の使い分け »

んさる

遠州弁的言い回し

「んさる」

これだけだとなんのこっちゃいであるが

「なさる」が撥音便化しての「んさる」

「来なさる」→「来んさる」・「されなさる」→「しなさる」→「しんさる」

とかいった「んさる」

「なさった」なら「んさった」

「東京から来なさった」→「来んさった」

「おやりなされた」→「やりなさった」→「やりんさった」

一応丁寧な言葉ということになる。丁寧じゃなきゃ

「くさった」

「来やがった」→「来くさった」・「しやがった」→「しくさった・しいくさった」

というのが使われる。

まあいずれも遠州独特というものではないだろうが、独特っぽいのを探すと

「おいでんさる?」(おられますか?)

が遠州弁っぽいというか他所では言わないだろうなと思える言い回し。

「行かれる」を雑な順に並べると

「行きくさった」→「行きゃあがった」→「行った」→「行きんさった」→「行かれんさった」

他にもあろうがこんな感じか一応。

繰り返しになるが、「んさる」は丁寧な言い回しである。

「おいでなすった」というのと「おいでんさった」とでは丁寧度が異なり、「おいでなすった」に近い遠州弁だと「きくさった」とかになろうか。「おいでくさった」という言い方は微妙である(多分無い)。

|
|

« 記事に関する言い訳 | トップページ | 「よってく」と「よっていく」の使い分け »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56222508

この記事へのトラックバック一覧です: んさる:

« 記事に関する言い訳 | トップページ | 「よってく」と「よっていく」の使い分け »