« 「どじらんかお」と「しいらんかお」の違い | トップページ | うそぉはあやっちゃったにい »

「いいのけ」と「いいのけ」

遠州弁的言い回し

イントネーションの違いでニュアンスも変わる。

今回のお題は「いいのけ」

最初の「い」と最後の「け」を強く言う「いいのけ」は

「それで本当にいいのか?」と確認してる。もしくは「間違いではないんだな?」と訊ねている。

共通語に置き換えるとしたら「いいのか?」となろうか。

「け」のみを強く言う場合「いいのけ」は

「本当にそれでいいんだな?」と念を押している。もしくは「間違えてるだろうそれ」といった再考を促す感じ。少しいじわるな印象を与えかねないこともある。

共通語に置き換えるとしたら「いいんだな?」とかであろうか。

全て抑揚をつけずな平坦で発するということは無い。

「いい」を「ええ」とする言い方も存在するが、意味的には違いはないように思われる。

|
|

« 「どじらんかお」と「しいらんかお」の違い | トップページ | うそぉはあやっちゃったにい »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56401091

この記事へのトラックバック一覧です: 「いいのけ」と「いいのけ」:

« 「どじらんかお」と「しいらんかお」の違い | トップページ | うそぉはあやっちゃったにい »