« へいちゃら | トップページ | 「大変」と「きつい」 »

歌詞を遠州弁に「サディスティック・ラブ」

遠州弁でお遊び(今回も古語は無し)

歌詞を遠州弁に

お題は「サディスティック ラブ」

【なゆごろう】が歌ってるバージョンが好き。もっとも遠州弁で歌って欲しいとは絶対思わないが。

何故か。それは遠州弁だと可愛げもなにもありゃあせんもんで。

原曲の歌詞は「初音ミクWiki」に記載されてたものを参照

茶化してるつもりも冒涜しているつもりも毛頭ありません。ふざけてると読めるかもしれませんがそんなことは決して無く遠州弁はこういうもんだと真剣に考えました。

尚、一部歌詞内容を変えていますがそれについてはご愛嬌ということで。

 

やんなっちゃうこんばっか あたしをうっちゃらかいて

(やんなっちゃう事ばっか あたしをそっちのけで )

あんなのとあっちの喜 ホントばかふざけてるら

(あんな子とあっちの気 ホントにもうふざけてるわ )

 

ちびっと強引にい押し入って、ちょびちょびして様子観て

(半ば強引に押し入って チョッカイ出して反応みて)

ああやっぱしかわいいし・・・こんなんに惚れただか・・・

(ああやっぱかわいいよ・・・ こんなんに惚れたのね・・・ )

 

こさえたみこも 可愛いと思える程

(作った愛嬌も 可愛いと思える程 )

重症やあ、分かってるに ふんでもねえ憎めんだよを

(重症ね、分かってるわ でもホント憎めないの )

 

あんたぁのリアクションを ただなんしょ眺めたくて

(君のリアクションを ただ単に眺めたくて )

こうやってやたらくしゃ いじってしまうだいね

(こうやって何回も イジってしまうんです)

 

嗚呼 恋ってやあねえ・・・嗚呼 おぉいい、君色ん染まってくう

(ア~恋ってイヤね ア~ ア~君色に染まってく )

嗚呼あたしんこんなに尽くいてるぅだにい

(ア~あたしがこんなに つくしてるのに )

 

嫌いんなってくれちゃった方が ちったあ気い楽んなれるだかいね

(キライになってくれちゃった方が もう少しは気楽になれるかもね )

ただ大好きなこの笑顔とか 見れんくなるのぉ我慢せすだけだもんで

(ただ大好きなこの笑顔とか 見れないのをガマンするだけだもん )

 

甘えんぼとか世に言う可愛い子とか はあそんなあ本質上なれれんもんで

(甘えんぼとか世に言う可愛い子とか もうそんなの本質上なれないから )

サディスティックにもっともっとまっと 終まいなんてはなからありもしん

(サディスティックにもっともっともっと 終わりなんて最初(ハナ)からないわ )

間奏

 

あのさぁあっ あたしに興味なんてえ 嗚呼 ないこんくらい知ってるに

(ア~ あたしに興味なんて ア~ ない事くらい知ってるわ) 

 

でもおい待ってやあ、何よをその笑みい プレゼントくれて泣くわたしん悪いだか?

(でもちょっと待って 何なのその笑み プレゼント貰って泣くあたしのせい・・・?)

いい加減にしてやあ このどばかっつらあ とんだ勘違いこいたじゃんかあ

( いい加減にしてよ このバカ×5 とんだ勘違いしちゃってたじゃない ) 

 

あたしがSであんたがMで なんつう構造を否定するだ?

(あたしがSであんたがMで なんていう構造を否定するのね )

どひょんきんな行ったっきり同士だら だでこれからもホント頼むでねえ

(サディスティックな一方通行同士でも これからもよろしくお願いするわ )

反省点としては、多分に男言葉で、可愛げが醸し出せなかった。どなたかこれをいじって女言葉に変換してくれないかと思えるところ。

「あのさぁあっ」というのはイントネーションというか抑揚が上って下がってまた上がるという超独特なもので説明しづらいし表記もこれでいいのか悩むところ。まあ遠州弁の使い手しか解からない言い方であるらしい。

「ちょびちょび」の使い方が少し変だがそれはご愛嬌という事で勘弁。

発想としてはSをブス・Mをイモとしたらというのが浮かんだのだが流石に洒落にならないだろうな。

歌えるかっつったら字余りん多いで「駄目だこりゃ」だらなやっぱ。

|
|

« へいちゃら | トップページ | 「大変」と「きつい」 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56320086

この記事へのトラックバック一覧です: 歌詞を遠州弁に「サディスティック・ラブ」:

« へいちゃら | トップページ | 「大変」と「きつい」 »