« えなんだ | トップページ | 記事に関する言い訳 »

「だで」と「だもんで」の違い その2くらい

遠州弁的言い回し

「だで」と「だもんで」の使い分け

あくまで傾向であって必ずこうなるというものではないのであしからず。

「だでさっきからそうゆってるじゃん」

「だもんでさっきからそうゆってるじゃん」

勢い的には「だで」の方は「だからさあ、さっきからそう言ってるじゃないか」

「だもんで」の方は「だからさっきから繰り返しそう言ってたろうが」

必ずしもこう使い分けがあるわけではないのだが、傾向としては

相手がああそうなのかと理解しつつあるという状態であれば「だもんで」

相手が納得してなくて言い合いの状態であれば「だで」

まあ、正確ではないが「だもんで」→「なので・なもので」・「だで」→「だから」とすれば分かりがいいかも。

|
|

« えなんだ | トップページ | 記事に関する言い訳 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56216177

この記事へのトラックバック一覧です: 「だで」と「だもんで」の違い その2くらい:

« えなんだ | トップページ | 記事に関する言い訳 »