« たこば・たこあげば | トップページ | 目指すまるさら遠州弁 その2 »

「消える」と「けえる」

遠州弁的言い回し

「消える」を「けえる」と言う。

「消えた」

遠州弁だと「けえた」と言うのだが

「消した」は「けした」か「けやした・けやいた」となる。まあ「きした」なんて読むとこはなかろうが。

では、「消えよった」・「消えおった」・「消えやった」といった言葉はガラ悪く訳せば「消えやがった」といったもので、こういったニュアンスの場合は遠州弁ではどう言うのかと考えると

「消えくさった」となる。この場合「きえくさった」で「けえくさった」とはならない。

なんでもかんでも「消」を「け」と読むわけではないのだが、大方は「け」と発することに違和感を感じないのが遠州弁である。

|
|

« たこば・たこあげば | トップページ | 目指すまるさら遠州弁 その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54386783

この記事へのトラックバック一覧です: 「消える」と「けえる」:

« たこば・たこあげば | トップページ | 目指すまるさら遠州弁 その2 »