« ~だとうれしいだけどやあ その2 | トップページ | えなんだ »

遠州弁と関西方面のことばとの違い 「面白いでえ」

遠州弁関連

文字にすると同じでも、イントネーションも違えばニュアンスも違うという地域差が生じる言い回しを勘繰ってみる。

今回のお題は「面白いでえ」。

関西の方だと「おもろいでえ」(語尾が上がる)で「おもしろいよ」といった意味合いになるのであろうか。

遠州弁だと「おもしろいでえ」(語尾が下がる)で「面白いから」もしくは「面白いので」と言っている。

関西の使い方だと文の最後(結論に付く)と思われるが遠州弁の場合では「~だから」・「~なので」ということで次に結論がありそうと受け取れる。が、続かない(はしょられる)ことが多々あるのが遠州弁である。

共通語で「面白いから見てみなよ。」をその語句の並びのまま「面白いでえ見てみない。」とすればいいのであるが遠州弁はそうはならず

「見てみない。面白いでえ。」という並びに遠州弁はなるのである。

無論イントネーションも関西とは異なる。

人によって異なるかもしれないが「おもしろい」の「し」を強く言い「でえ」は「で」を強めに言う。

|
|

« ~だとうれしいだけどやあ その2 | トップページ | えなんだ »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55242401

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁と関西方面のことばとの違い 「面白いでえ」:

« ~だとうれしいだけどやあ その2 | トップページ | えなんだ »