« 「しゃびしゃび」と「びしゃびしゃ」の違い | トップページ | 「いきたい」を「きたい」 »

遠州弁っぽくはない「だかしん」

遠州弁的言い回し

遠州では言いなれない言い回し「だかしん」

まあ皆無(全く使っていない)というものではなかろうが。

どちらかというと言いなれない部類に入ろうか。細かいニュアンスを把握しているわけではないのであれだが

「そうだかしん」で「そうなのかな」と訳せばいいのであろうか。

「そうなのかしらん」という訳があってるとするならば「だ」=「なの」・「かしん」=「かしらん」ということになりそうなのだが。

本当の所はどうなでしょうね。そもそもどこの地域が本場の言葉なんでしょうかしらん。

遠州弁でよく出てくる似たような言い回しとしては

「だかしらん」+「が」

「知ってるだかしらんが、一応ゆっとくわあ。」

「あいつのゆうこんだで合ってるだかしらんが。」

みたいな感じで、まあ「なのか知らないが」という意の全くの別物であるが。

で、「~なのかな」というのを遠州弁だとどう言っているかというと

「だかいやあ」・「だかやあ」・「だかなあ」

とかが思い浮かぶ。

「だ」ではなく「な」での「なん?」・「なんかなあ」とかいった言い回しは関西風と感じてしまう感じである。「なんかなあ」は遠州でも使われるが「なん?」は遠州弁っぽくない。

|
|

« 「しゃびしゃび」と「びしゃびしゃ」の違い | トップページ | 「いきたい」を「きたい」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56032413

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁っぽくはない「だかしん」:

« 「しゃびしゃび」と「びしゃびしゃ」の違い | トップページ | 「いきたい」を「きたい」 »