« 「す」と「せる」 | トップページ | たげない その2 »

遠州弁っぽくはない「だがね」

遠州弁的言い回し

あまり遠州弁っぽくはない言い回し

「だがね」

「そうゆっとるだがね」(そう言ってるだろうが)

とかいう「だがね」。

遠州弁だと「だら」は「だ」+「ら」であって「だら」でひとつというものではないように、「だ」+「がね」であって「だがね」でひとつの言葉ということではないだろう。

遠州では全く使わないというものではないが、どちらかというと名古屋がイメージされる。

ちなみにモロ遠州弁だと

「そうゆってるらあ。」

とかになるであろうか。

「ゆっとるがね」とされるとどう訳していいのか分からない。

「知るかよ」という意の「知らんがな」・「知らんがね」だと「知らんがな」の方がよく使われる傾向にあろう。

もっとも遠州弁だと「知らんわあ」となるが。

といったように使わないということでもなかろうが、「だがね」・「がね」という言い回しは遠州弁っぽくはない。

|
|

« 「す」と「せる」 | トップページ | たげない その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56008598

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁っぽくはない「だがね」:

« 「す」と「せる」 | トップページ | たげない その2 »