« なにせえきただ | トップページ | 声掛けの言葉 »

てん

遠州弁的言い回し

「てん」

「てない」の撥音便化したものであろうか。まあ、それ以外にも意味使いは存在するのであるが。

例えば「言う」

「いってんと」→「言っていないで」

「いってんで」→「言ってないで」

「いってっと」→「言っていると」

「いってんだ」→「言っているんだ」

「いってんら」→「言ってないだろ」

「いってもしんに」→「言ってないだろうが」

関西だと「ゆうてんで」・「ゆうてんと」とかになろうか。遠州では「ゆう」を使う際には「ゆってんで」・「ゆってんと」などとなる。「言う」の「う」は別にう音便とは関係ないが好みというか傾向として「う音便」より「促音便」が好きということがこういうとこにも出ているであろうと邪推するものである。

広い範囲で使われる言い回しであって遠州独特というものでは決してないが。

「てない」の「ない」が「ん」になったというよりも「てぬ」・「ていぬ」の「ぬ」が「ん」になったと考える方がなんかしっくりくると思えるのは自分だけか。

より遠州弁っぽくするには「ちゃいん」を使うとより「っぽく」なる。

「言っていないで」→「いっちゃいんで」

「言ってないで」→「ゆっちゃいんで」

「言ってないよ」→「ゆっちゃいんに」

「言っていると」→これは「ちゃいん」・「ちゃいる」は使えない。

「言ってないだろ」→「ゆっちゃいんら」

「言ってはいるが」→「いっちゃいるが」

「ちゃいん」は「てはいない」・「ちゃいる」は「てはいる」の変と思われる。

「言う」を「いう」と発するか「ゆう」と発するかについては遠州はどちらも使う併用の地域であろうか。

|
|

« なにせえきただ | トップページ | 声掛けの言葉 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56140306

この記事へのトラックバック一覧です: てん:

« なにせえきただ | トップページ | 声掛けの言葉 »