« てん | トップページ | おかしいなと感じる遠州弁の使い方 「だら」 »

声掛けの言葉

遠州弁的言い回し

普段声掛けする際どう発しているか。というのを勘繰ってみる。

声掛けする際

「あのよう」と発せば「名古屋かっ!」というツッコミが入って当然。まず遠州では使われない。遠州人が受ける印象としては非常に馴れ馴れしく感じる。

「あんなあ」とかだったら関西っぽく感じられる。遠州人からしたらそう言われたらちょっと批判・反論を言うための枕詞なのかと思ってしまいがち。遠州ではそういう意味合いの使い方をよくするからである。

「あんたあ」は滅多に使われない。

「あの」・「あのう」は共通語兼関東ってか。「すいません」って手もあるな。

じゃあ遠州弁ではとなると

「あのさあ」が普通か。

ぐでぐでだったら

「あのやあ」・「あんねえ」辺りか。

緊急性を要すなら、共通語なら「ねえ」とか「ちょっと」のところを

遠州弁では「やあ」(旧なら「やい」)女性なら「おい」(旧なら「ほい」)であろうか。決して喧嘩売ってる訳では無い。

「ねえ」だと流石に馴れ馴れし過ぎて親しくも無い人に向かって発せば怪訝な顔される。あくまで「ねえ」は身内及び親しい間柄の場合に限るべきものであろう。

ちなみに遠州弁という括りを外して遠州ではということになると

共通語と同様「あの」・「あのう」を使うものである。

つまり普段は呼びかけに関しては共通語を使用しているものである。ただし身内扱いの人には「やあ」・「おい」を多用する傾向はある。

|
|

« てん | トップページ | おかしいなと感じる遠州弁の使い方 「だら」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55141331

この記事へのトラックバック一覧です: 声掛けの言葉:

« てん | トップページ | おかしいなと感じる遠州弁の使い方 「だら」 »