« どんびき | トップページ | 遠州弁っぽくはない「だかしん」 »

「しゃびしゃび」と「びしゃびしゃ」の違い

遠州弁的言い回し

「しゃびしゃび」と「びしゃびしゃ」の違い

実際使うに於いて違いは感じられないところだが、強引に違いを考えてみる。

どちらも「水っぽい」という意であるが

*「しゃびしゃびなソース」と「びしゃびしゃなソース」となると

「びしゃびしゃ」だと美味しくなさそうと感じる。

「しゃびしゃび」だとそういうソースの種類もあるのかなという気分になる。

良くも悪くもどちらにも使われるのが「しゃびしゃび」で

良い意味で使われることは滅多にないのが「びしゃびしゃ」といった違いはあろうかと。

*使いどころが異なる。

「びしゃびしゃに濡れた。」とは言うが「しゃびしゃびに濡れた。」とは言わない。

しかして「しゃびしゃび」は口にするものだけに使われるのかというとそうでもなくて「セメント水入れ過ぎてしゃびしゃびんなった。」とかいった使い方をしたりもする。

「びしゃびしゃに濡れた」は「大層濡れた」と訳せ、「びしゃびしゃ」は過度な量を指すという感じ。

「しゃびしゃびに濡れた」と言わないのは過度な量を指すというよりも水分の配合が適量(普通)でないというものを指すといった感じ。

ちなみに「しゃびしゃび」の反対語は「ぱさぱさ」になろうか。ま、これひとつとは限らないだろうが。

|
|

« どんびき | トップページ | 遠州弁っぽくはない「だかしん」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54878865

この記事へのトラックバック一覧です: 「しゃびしゃび」と「びしゃびしゃ」の違い:

« どんびき | トップページ | 遠州弁っぽくはない「だかしん」 »