« 言い方の注意点 その1 「だやあ」 | トップページ | てっと »

言い方の注意点 その2 「だに」

遠州弁的言い回し

区切る所が違うとニュアンスも異なってくる。

例として「だ」+「に」と「だに」

「明日は晴れだに」

「晴れだ」+「に」だと「晴れだよ」。普通である。

「晴れ」+「だに」だと「晴れなんだよ」と強めに言いきっている勢いとなる。

「そうみたいだに」

「そうみたいだ」+「に」とすると「そうみたいだよ」。聞いた話ではといった感じで言ってる本人が確証を得ている風には聞こえない。

「そうみたい」+「だに」とすると自分もそう思ってるといった「そう」に同調(納得)いっている勢いと感じる。

このようにけっこうな違いが出てくるものである。

まあ、共通語での「晴れ」+「だよ」と「晴れだ」+「よ」の違いと同じと言えば同じなのであるが、それよりも「だに」と「だ」+「に」は違いが顕著(如実)な傾向にある。

|
|

« 言い方の注意点 その1 「だやあ」 | トップページ | てっと »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56055001

この記事へのトラックバック一覧です: 言い方の注意点 その2 「だに」:

« 言い方の注意点 その1 「だやあ」 | トップページ | てっと »