« ずる | トップページ | 「いない」に「おりない」 »

「ほんとけえ」と「ほんとにけえ」の違い

遠州弁的言い回し

「ほんとけえ」と「ほんとにけえ」に違いはあるのか。

共通語に直せば、どちらも「本当かよ」というものであるが

無論言い方にもよるが

「ほんとけえ」だと後に続くのは例えば「知らなんだやあ。」

「ほんとにけえ」では後に続くのは例えば「嘘じゃないらなあ。」

といった感じで、猜疑感では「ほんとにけえ」の方が疑ってる度合いが強い。言い方を代えれば自分にとって受け入れがたい気分という勢いが強い。驚いてる感も増す。

「ほんとけえ」の方はあまり疑ってる感は強くなく、どちらかといえば信じてる・確認してる度合いが強い。

それと「ほんとにけえ」と較べればどうでもいい(興味が無い・関係ない)感が湧く場合もある。この場合の「ほんとけえ」の訳は「ああそうなの」とかいった気の無いものにするのがいいかと。

|
|

« ずる | トップページ | 「いない」に「おりない」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55907698

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほんとけえ」と「ほんとにけえ」の違い:

« ずる | トップページ | 「いない」に「おりない」 »