« おいでらる? | トップページ | 「しない」と「できない」 »

なんかおかしい遠州弁 「ら」の使い方

遠州弁的言い回し

「ら」と「だら」の使い方。

「やり過ぎら」

これは有りか無しか。

これはなんかざらつく遠州弁である。というか変。よって無しと言えよう。

「やり過ぎだら」

というのが普通であろう。

「ら」=「ろ」という理屈でいけば

「だら」であれば「やり過ぎだろ」と訳せるが

「ら」だと「やり過ぎろ」となるからである。

これが方言として「やり過ぎろう」ということであれば有り得なくもないが。ただしこの言い方は遠州弁っぽくはない。

それか「らあ」として「やり過ぎらあ」であるならば「らあ」=「ろう」で多少はざらつきは軽減されなくもない。(「やり過ぎだらあ」である方が普通というのに変わりは無いが。)

なぜ軽減かというと実際のところひどく慌ててるような際にはこのようについ口から出て「しまった」と思う事もない訳では無いからである。

という風に実際には「らあ」は有りと言えそうなのだが文字に起こすに於いて言い間違い(断定はできないが)をあえて書くというのはどういう意図なんだろうと勘繰ってしまうことになる。

つまるところ「らあ」は有るかもしれないが「ら」は無しといえようか。

言葉例を替えて「見ていくでしょ?」とした場合

「見てくろう」というのは有りである。が遠州弁っぽいのはやはり「見てくら?」である。

じゃあ「見過ぎだろ」というのを「見過ぎろう」というのはやはり遠州弁ぽくはない。「見過ぎだらあ」がしっくりくる。

発せられて意味は理解できるがどこか他所の言い回しという感じであって遠州弁としては異端な感じが湧く。

つまり、むやみやたらに「だ」をはしょることは遠州弁では出来ないといえるのかもしれない。

|
|

« おいでらる? | トップページ | 「しない」と「できない」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55155352

この記事へのトラックバック一覧です: なんかおかしい遠州弁 「ら」の使い方:

« おいでらる? | トップページ | 「しない」と「できない」 »