« ドラマの台本を遠州弁に | トップページ | ないらねえ »

休めれたら

遠州弁的言い回し

「休めれたら」の「れ」

「休めれたらいいな」

共通語では

「休めたらいいな」

となるようである。「休めれ」は「れ」足す言葉ということになるのであろうか。

しかしながら遠州弁に於いては「れ」は必需である。屁理屈はともかくたとえば

「休めれたら嬉しいだけどやあ。」

これを

「休めたら嬉しいだけどやあ。」

では違和感が湧くのである。訳さば

休むことができたなら有り難いんだけど。

休めたら有り難いんだけど。

といった感じであるが、「無理かもしれないが」といったニュアンスが「れ」に籠もっているという説明となろうか。希望願望を示してるといえよう。

「休めたら」は可能不可能を問うている勢いで「有り難い」と言うのではなく「そうする」とした方がしっくりくる。もしくは「そうしたい」とするか。

|
|

« ドラマの台本を遠州弁に | トップページ | ないらねえ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55787214

この記事へのトラックバック一覧です: 休めれたら:

« ドラマの台本を遠州弁に | トップページ | ないらねえ »