« 「しない」と「できない」 | トップページ | ずる »

「い」抜き

遠州弁的言い回し

「い」抜き

全国どこでもそうであろうが、遠州でも頻繁に抜かれる。

例えば

「見ていた」→「見てた」

「見てはいない」→「見ちゃない」

「やっていた」→「やってた」

「なによをあんた、来てただ?」(え~あなた来てたの?)

これを「来ていただ?」と言うのは稀である。

「ちゃんとやってただけえ。」(ちゃんとやっていたのかよ。)

「いちいち面倒みてれん。」(いちいち面倒みていられない。)

ここまでくると「いら」抜き

他の言い方だと「いちいち面倒見ちゃおれん」。

遠州弁は「いれない」というのが基本ではなく「おれない」が基と考える方が合点がいく。「おられない」と「ら」を入れると丁寧な物言いと聞こえる。「いられない」の「ら」抜きによる「いれない」というのとは違う気がしないでもない。

順番はちょっといい加減だが、「いられない」→「いれない」→「いれぬ」→「いれん」→「れん」という変化ではなく

「おれない」で「おれぬ」→「おれん」→「れん」とはしょられているのではということ。あくまで勘繰りである。

|
|

« 「しない」と「できない」 | トップページ | ずる »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55961363

この記事へのトラックバック一覧です: 「い」抜き:

« 「しない」と「できない」 | トップページ | ずる »