« 「ほんとけえ」と「ほんとにけえ」の違い | トップページ | 「す」と「せる」 »

「いない」に「おりない」

遠州弁的言い回し

「いない」と「おりない」

「いない」→「いなよ」

「おりない」→「いなさいよ」

といった感じに訳せばいいのであろうか。

「居る」を「いる」と言うか「おる」と言うかの違いによるものであり、意味的にはそう大きな違いは感じられない。

「まあちっといない。」

「まあちっとおりない。」

どちらも訳さば「もう少しいなよ」や「もう少しいなさいな」とかいった感じとなる。丁寧丁寧じゃないという区分はない。若干「おりない」を使うと年長者目線を感じる。

この他には「おんない」というのがある。「り」が「ん」に音便化したものと思われるが「おりない」が軽い強制というものに対して「おんない」は「いなさいな」みたいな要請といった趣の違いが感じられる。

「まあちっとおんない」を訳すと「もう少しいたらどうなの?」といった感じであろうか。

|
|

« 「ほんとけえ」と「ほんとにけえ」の違い | トップページ | 「す」と「せる」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56001169

この記事へのトラックバック一覧です: 「いない」に「おりない」:

« 「ほんとけえ」と「ほんとにけえ」の違い | トップページ | 「す」と「せる」 »