« 「やらなし」と「やりなし」 | トップページ | だめじゃんあんなとこにいちゃあ »

いたった その2

遠州弁的言い回し

以前「いたった?」で「いたのかい?」と説明をしたが

今回は語尾が上がらずの「いたった」という言い方のものを説明。

「いたった」は要するに「居た」ということである。

なんで「った」という語が付くのかというと、これを付けることによって確定であるということをより明確に示す効果が大となる。

他人が居たという場合、「確かに居た」といった目撃したと言っている断定の勢いを醸す。

「さっきまで居たにい。」だと「さっきまで居たよ。」

「さっきまで居たったにい。」では「さっきまで居たのだよう。」

「居たのであった」とかいう訳にしても違和感なさそう。

といったもので間違いなく「居たのだ」と強調している。

自分が居たという場合、上の使い方の他に「居てやった」という若干ながらも上から目線を醸し出す使い方がある。

「わしいたっただに声かけんもんでえ。」

訳さば「せっかく私が居たのに声を掛けないからだよ。」

「居たった」に限らず他にも「見た」で「見たった」、「吸った」で「吸ったった」

「あれ?あんた居たった?」だと「おや?あんた居たのかい。」ニュアンスだと「本当に居た?」

「居った」(おった)という言い方も使われるが「居った?」と訊くより「居たった?」と訊く方が「ホントかよ」と驚いてる及び信じがたい感が増す。

|
|

« 「やらなし」と「やりなし」 | トップページ | だめじゃんあんなとこにいちゃあ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55325152

この記事へのトラックバック一覧です: いたった その2:

« 「やらなし」と「やりなし」 | トップページ | だめじゃんあんなとこにいちゃあ »