« スぺリオとリコーダー | トップページ | 遠州では言わない 「なんなん」 »

「こっきり」と「ちょっきり」

言葉の彩?綾?誤?

「こっきり」は共通語

「ちょっきり」は・・・・これも共通語だろうな。方言かなと思って調べたら共通語らしい。

「こっきり」

ネット辞書には

副詞だと、①固いものが折れる時の音を表わす語。ぽっきり。②ひっそり。すっかり。

接尾語だと、ちょうどそれだけと限定する意を表す。・・・かぎり。・・・きり。こきり。

辞書には

副助詞(俗語)、だけ。

昭和の頃は俗語扱いだったものが平成になって共通語に昇格したということなのであろうか。

それにしても副詞②は初めて知った勢いでイメージ(使用例)が思い浮かばない。

「ひっそりと静まり返った」とかを「こっきりと静まり返った」とか使うんだろか。なんか変。

ま、そういう勘繰りはともかく「こっきり」

辞書等に無い説明の仕方であるが、「これっきり」の詰まった言い方が「こっきり」なんじゃないのかと思える今日この頃。皆様如何お過ごしでしょうか。

そういう考えでいけば「ちょっきり」も「ちょうどっきり」の変だという屁理屈も通りそうに思える。超どっきりではない。丁度っきりである。あしからず。

そういう屁理屈が通るなら「ちょっきり」って方言っぽいけど方言というものではなくて「丁度っきり」の変ということで共通語の範疇になるんだろうかな。実際ネット辞書に「ちょっきり」で記載があったし。でも昭和の辞書には載っていなかったから微妙ではあるかな。

「ちょっきり」を一応説明しとくと、丁度、ぴったり、過不足の無い様。

当然だが意味合いが違うので置き換えは出来ない。

「こっきり一万円で遊べる」だと「一万円だけで遊べる」

「ちょっきり一万円で遊べる」だと「一万円丁度で遊べる」

一見こんがらがるがこう違うということになる。もっとも「一万円こっきり」という使い方が普通であろうが。

|
|

« スぺリオとリコーダー | トップページ | 遠州では言わない 「なんなん」 »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55457308

この記事へのトラックバック一覧です: 「こっきり」と「ちょっきり」:

« スぺリオとリコーダー | トップページ | 遠州では言わない 「なんなん」 »