« 「こっきり」と「ちょっきり」 | トップページ | おっさま その2 »

遠州では言わない 「なんなん」

遠州弁的言い回し

使わない言い回しを挙げるのも一考かなと。

「なんなの一体」というのを「なんなん一体」とは言わない。ということである。

遠州でよく使われる言い回しとしては、女性なら「なによを一体」・男なら「なんだあ一体」とかが思い浮かぶ。

「あんなの」を「あんなん」とというのについては微妙であって使わない・聞いた事無いとは言い切れない。

「なんなのだ一体」となると「なんなんだ一体」とは言う。遠州弁っぽいとなると「どうなってるよを(もしくは、だあ)一体」とかであろうか。

撥音便化(「の」が「ん」になる)をするものとしないものとがあるということで、関西ほどには徹底していないというのが遠州弁であろうか。するしないの法則(理屈)みたいなものは見当がつかない。

もしかしたら「なんなの」という言い方そのものが遠州弁っぽくないのでほっぽかれてそれぞれの裁量に委ねられているからパターンが豊かといえるかも。

「なの」は「だ」とか「でえ・でよ」とかを使う事が多いというのが遠州弁。

「行くな?」は「行くだ?」

「なんなのよ」は「なんでだ」・「なんでえ」・「なんでよを」

「そういうもんなの」だと「そうゆうもんだあ」・「そうゆうもんでえ」

蛇足だが「そういうもんなの?」では「そうゆうもんだ?」・「そうゆうもんけ?」となる。

|
|

« 「こっきり」と「ちょっきり」 | トップページ | おっさま その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55476113

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州では言わない 「なんなん」:

« 「こっきり」と「ちょっきり」 | トップページ | おっさま その2 »