« おっさま その2 | トップページ | とっから »

「ぬかす」と「こく」の違い

遠州弁的言い回し

「ぬかす」と「こく」

「言う」・「発する」ということだが、このふたつに違いや使い分けというものが存在しているのかどうか。

「こく」は男女共に使うが「ぬかす」は基本野郎言葉であろうな。あくまで基本はということで実際には微妙。

「ほざく」と「ぬかす」は近いかな。「吠える」だと遠くなる。

例を挙げて較べてみると

「なにぬかしてるだあ。」承服できないという勢いが強い。

「なにこいてるだあ。」理解できないという勢いが強い。訳すにおいては、ありえない・冗談じゃない・ふざけるんじゃないよ、といった言い回しになる事が多い。

ボケに対するツッコミというのなら「こいてる」でないと。「ぬかしてる」を使うとツッコミではなくマジで否定してる勢いになってしまう。つまり洒落にならない。

ちなみに「ぬかす」は基本野郎言葉と説明したが、なら女性はこの場合どう言うのかというと

「なにゆってるよを。」と発することが最も多かろう。

「なにこいてるだあ。」は「なにこいてるよを。」あたりになろうか。

あくまで物は言い様であるので語気が荒ければこれらの限りでは無い。

|
|

« おっさま その2 | トップページ | とっから »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55648679

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぬかす」と「こく」の違い:

« おっさま その2 | トップページ | とっから »