« 目もあやに | トップページ | 「だいすき」のイントネーション »

一風

カテゴリー 言葉の彩?綾?誤?

お題は「一風」

「一風変わった」の「一風」とは

辞書引くと、同類のものと変わった所が見られること。

ネット辞書では、①ひとつの流儀。②態度・やり方などのほかとちょっと変わっているさま。

とある。

「一風」だけで変わってるという意を有しているのならなんで「変わった」が後に付くのだろう。重複してるよなと思ってしまう。

「一風な景色だが不思議と違和感なく和む」みたいな使い方を知らない。屁理屈的には有ってもよさそうなんだが。

しっかしネット辞書の①の意で「一風変わった」を訳すと「一つの流儀として変わった」ということになるんだろか。なんのこっちゃか分からないな。どういう使い例があるというのだろうか。

意外と謎の多い言葉と映る。

それはともかくこの「一風」、「変わった」以外に付く言葉ってあるんだろうか。「一風奇妙な」は有りそうだな。店名で「一風堂」とか沢山有りそう。他には思い付かなかった。

造語が色々作れそう

「一風美人」

なんていう風に。

蛇足を承知で意味合いを述べれば

ちょっと変わってるけど美人

変わった見方をすれば美人

とかが思い付く。なんてな。

|
|

« 目もあやに | トップページ | 「だいすき」のイントネーション »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55632493

この記事へのトラックバック一覧です: 一風:

« 目もあやに | トップページ | 「だいすき」のイントネーション »