« どじらんかお | トップページ | 「どんじかられた」はどの程度叱られたのか »

どれくらい詰め込めれれるか 「ばか」

遠州弁でお遊び(今回も古語は無し)

ひとつの文章にいくつ同じ語を詰め込む事ができるか。

お題は「ばか」。

(なお、「詰め込めれれる」は「詰め込められる」の誤字ではない)

「ばかこいちゃかんて。ちっとばかのこんでばか文句ばかばかばかみたくゆわれて、ばかばかばっかでホントばからしくてやってれんに。」

以上「ばか」をおよそ9個入れれた。「ばっか」が1個。

文の内容は羨ましいとかいいよねとか言われての反論。

ニュアンスで訳さば

「冗談言うなよ。些細な事で異様に文句ばしばし浴びせられて、まったく大層馬鹿ばかりで正直馬鹿らしくてやってられないよ。」

「ばか」といっても「馬鹿」だけではなく

「冗談」(ぼけ)という意の「ばか」

「ばかり」という意の「ばか」

「やけに」という意の「ばか」

「ばしばし」という意の「ばかばか」

「とても」(大層)という意の「ばか」

「ばかり」(だらけ)という意の「ばっか」

というのが入っている。それぞれイントネーションが異なるのであるがそれをいちいち説明してたら大変(本音はめんどくさい)ので近くに遠州人がいたらその人に聞いてくりょ。

「ばかこいちゃかんて。ちっとばかの こんで ばか文句 ばかばか ばかみたくゆわれて、ばか ばかばっかで ホント ばからしくて やってれんに。」

|
|

« どじらんかお | トップページ | 「どんじかられた」はどの程度叱られたのか »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55609361

この記事へのトラックバック一覧です: どれくらい詰め込めれれるか 「ばか」:

« どじらんかお | トップページ | 「どんじかられた」はどの程度叱られたのか »