« 「ちったあ」と「ちっとは」 | トップページ | 「ばか」と「ばかし」・「ばっかり」と「ばっかし」 »

そりゃ~だかもしれんがあ

遠州弁的言い回し

「そりゃ~だかもしれんがあ」

別に方言というものではないであろうが「だ」は遠州弁にとって重要な言葉というのをよく表わしてる言い回しかなと思って。

「そりゃあんたのゆう通りだかもしれんがあ。」

訳さば「それはあなたの言う通りなのかもしれないけれども。」

共通語なら「言う通りかもしれないが」と「なの」を省いても左程ニュアンスは変わらないところであろうが遠州弁で「ゆう通りかもしれんがあ」とするとなんか怒ってる勢いになってニュアンスが変わってくる。

「なの」と訳したが「である」としても違和感はない。というか「である」の方が「だ」を説明するにおいて楽かもしれない。

遠州弁において「だ」は「「だら」・「だに」・「だもんで」等が象徴するように重要な省けない言葉なのであろう。「だ」を抜いて(省いて)しまうと大抵つっけんどんな物言いという印象を与える。

|
|

« 「ちったあ」と「ちっとは」 | トップページ | 「ばか」と「ばかし」・「ばっかり」と「ばっかし」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55321414

この記事へのトラックバック一覧です: そりゃ~だかもしれんがあ:

« 「ちったあ」と「ちっとは」 | トップページ | 「ばか」と「ばかし」・「ばっかり」と「ばっかし」 »