« 「いいでしょうに」を遠州弁に置き換えるには | トップページ | 「かったるい」は遠州弁に於いては »

「おおぼったい」と「はれぼったい」 その2

遠州弁的言い回し

「おおぼったい」と「はれぼったい」

以前の記事の追記。こういう使い分けもあるということで。

あくまで個人的印象に拠るものであり、正しい事を述べてる保障確証はありませんのであしからず。

「はれぼったい」は「腫れる」+「ぼったい」で「腫れ気味」ということであろう。

「おおぼったい」は「覆う」+「ぼったい」で「むくみ気味」ということになろうか。

医療的な解釈での「腫れ」と「むくみ」の違いと一致するかは知識が無いのであくまでごく普通?の平民の解釈。

そういった旨を前の記事で書いたが、それ以外の使い分けがあるかもと思えたので追記とした。

一部がということであれば「はれぼったい」

全体(広範囲)がということであれば「おおぼったい」

と区別されようか。(あくまでこういう使い方もあるという一例)

例えば右目周りだけが腫れているなら

「右目え なんかしらんが腫れぼったい。」と言う。

顔全体がむくんでいるなら

「顔ん やたらくしゃ おおぼったい。」などと言う。

そういう意味ではもし症状や原因が同じでも

どこが異常箇所か限定してる(はっきり分かってる)時には「はれぼったい」。

どこが異常箇所か限定できてない時には「おおぼったい」。

と発する使い方も有り得る。

そういった意味で単純に「腫れ気味」=「はれぼったい」・「むくみ気味」=「おおぼったい」と言い切れるものではないとこがややこしい。

お医者さん泣かせではあろうな。

|
|

« 「いいでしょうに」を遠州弁に置き換えるには | トップページ | 「かったるい」は遠州弁に於いては »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54787870

この記事へのトラックバック一覧です: 「おおぼったい」と「はれぼったい」 その2:

« 「いいでしょうに」を遠州弁に置き換えるには | トップページ | 「かったるい」は遠州弁に於いては »