« ほいじゃね その2 | トップページ | 秋葉原を遠州弁読みすると »

「どひょんきん」と「ばかひょんきん」の違い

遠州弁的言い回し

実際の所そんな大げさな違いや使い分けがなされている訳ではないのだが、

そこをなんとか捻り出してみしょうや。(まあ、お遊びだいね。)

「どひょんきんやあ!」

これだと「信じられない!」とか「嘘でしょ?」とかいった予想もしなかった事が起こった(為された)事に驚いている。

「ばかひょんきんやあ!」

これだと「本当にやりやがった」とか「よくやるよ。」とかいった見当はついてたがその上を行く事を為した事に呆れてる。

言い方を代えれば

「奇策」に驚くのが「どひょんきん」で

「想像以上」で呆れるのが「ばかひょんきん」

例を挙げると

放棄して逃げてしまったという出来事において

「や、逃げちまいやがって。どひょんきんやあ。」と発せば、放棄した事も意外ではあるがそれにしても逃げるなんて選択肢があるとは夢にも思っていなかったということになる。

「やあ、逃げちまいやがった。ばかひょんきんやあ。」と発せば言い訳かなんかしてやらないだろうなとは思っていたがまさかそこまで(逃げてまで)して放棄するとはなあということになる。

「ど」と「ばか」の違いとか使い分けはなかなかに混沌としていてはっきりしないのだが、「ひょんきん」に付く際にはそこそこ違いがあるように思える。

|
|

« ほいじゃね その2 | トップページ | 秋葉原を遠州弁読みすると »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55310675

この記事へのトラックバック一覧です: 「どひょんきん」と「ばかひょんきん」の違い:

« ほいじゃね その2 | トップページ | 秋葉原を遠州弁読みすると »