« ちょっとざらつく遠州弁用例 | トップページ | 「だに」の中級編 »

見事に分からん駿河弁

遠州地域ネタというか静岡ネタ

深夜にとある番組を視ての感想。

以下の方言なんだ?というもの

問(初級だそうな)「うちっちきてご。」

答え「家においでよ。」

遠州人にとっての感想「なんだそれ?」。「っち」・「ご」という言い方はしないから。

個人的にはと前置きしとくが、誘ってるというより来れるもんなら来てみろみたいに私なんかは聞こえてしまう。正しいニュアンスが伝わってこない。

遠州でなら「うちきなよ。」辺りとなろうか。あえて遠州弁でということなら「うちきない。」か。爺臭いかな。

問(中級だそうな)「オレ、そこばった」

答え「オレ、その場所取った。」

優先権を主張してると思われるもので、遠州でなら「そこおれんとこの(場所)。」とかになろうか。まあ見事に何言ってるのか分からない言い回しである。こうなるとニュアンスもへったくれもなく解からない。

問(多分上級と言ってた)「ちみくる」

答え「つねる」

まあこれについては遠州でも使うので特に感想は無し。蛇足だが、遠州弁だと指でつねるのを「つみくる」爪でつねるのを「ちみくる」という勢いが強いのだが、駿河弁ではそういう違いはないのだろうかという疑問が湧く。

問(その他だそうな)「じょんじょん」

答え「サンダル」

まあ「つっかけ」・「近所履き」ということで、遠州では「じょんじょお」と言うものである。これは「じょじょ」という昔の共通語が駿河では「じょんじょん」遠州では「じょんじょお」と変化してるというものである。

とまあ、こんな感じで駿河の言葉解かるものもあればさっぱり解からないものもあり、なんとなくこっちでいうとこのこれだろうなと予想がつくものもありということで、全体足して二で割るとかするとやっぱ他所の言葉だなと思える。こっちきたら通じないだろうなという勢いが強い。

|
|

« ちょっとざらつく遠州弁用例 | トップページ | 「だに」の中級編 »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

内容と離れてしまうんですが、友達と昔のテレビの話になった時にこっちの人(北関東)は、チャンネルの「U」を知らないことに愕然としました。
良く母から、「ちょ、ちゃっとUにして!あれが始まるだで」といわれたもんです。
28,30,34。浜松なら当然ですよね!!

投稿: 173R | 2012年10月12日 (金) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55081917

この記事へのトラックバック一覧です: 見事に分からん駿河弁:

« ちょっとざらつく遠州弁用例 | トップページ | 「だに」の中級編 »