« 「えがむ」と「いがむ」 | トップページ | 「きさる」と「きせる」 »

「だ」+「い」+「α」

遠州弁的言い回し

「だい」。

あまり「だい」では使わず「だいね」・「だいや」とかなにかを付けて言う事が多い。

もっとも。「だい」でひとつの言葉というものではなく「だ「+「い」というものであろう。

言い切るのは無謀だが「だ」は断定で「い」は意思を表すといった感じであろうか。

「見てくだ」で「見ていく」

「見てくだい」で「見ていくんだ」

とかいったもの。といってもこういう言い方はあまりしないと思える。「だい」+「α」という使い方をよくするものである。

「だいや」

「見てくだいや」で自分の行動という事なら「見ていく事とするつもり」・他人に対してなら「見ていきなよ」(結構強制的な勢い)

「だいね」

「見てくだいね」で自分のことなら「見ていくことにするよ」・他人に対してなら「見て行きなさいな」(こちらはよかったらどう?という勢い)

+「α」といっても「ね」と「や」しか思いつかなかったが。こじつけで捻り出せば

「だいれ」の「れ」・「だいて」の「て」

とかが捻り出せれる。ちなみに「い」ではなく「あ」としてもほぼ意味は同じ。

話し若干変わるが、「だ」+「か」というパターンもある。「か」は推測・憶測を表わす。

「だか」

「見てくだか」で「見ていくのか」

「見てくだかや」は「見ていくのかよ」

「だ」と「い」の間に「か」を挟む

「見てくだかいね」だと「見ていくんだろうか」

「見てくだかいや」は「見ていくのかねえ」

他にも「だ」+「で」とか「だ」+や」とかあるがこれ以上広げるときりが無いのでこの辺で。

|
|

« 「えがむ」と「いがむ」 | トップページ | 「きさる」と「きせる」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55103459

この記事へのトラックバック一覧です: 「だ」+「い」+「α」:

« 「えがむ」と「いがむ」 | トップページ | 「きさる」と「きせる」 »