« 遠州弁今昔 昔「つっつら」今「つったら」 | トップページ | 「とちくるう」のニュアンス »

しぬくい

遠州弁的言い回し

「~ぬくい」

レベル 遠州弁に於いては古風な言い回しに属するか。

「しにくい」を「しぬくい」

「やりにくい」を「やりぬくい」

「話しにくい」を「はなしぬくい」

といった風に「にくい」が「ぬくい」と発する。

これは遠州独特ではないが遠州でもこういう言い方をするよという事で記載。ネットで調べると「和歌山弁」・「伊予弁」などで同じような使い方をするらしいとのこと。

とはいっても旧いほどではないにせよ古い部類に入る言い回しで若年層はほぼ使わない傾向にあろうか。そのうち廃れて旧い部類に属してしまうかもしれない危惧種といえなくもないか。

「にくい」は漢字では「憎い」と書くと辞書にあった。

無論「憎たらしい」とか「小憎らしい」を「ぬくたらしい」とか「こぬくらしい」とは言わない。あくまで「むつかしい」とか「~づらい」という意味での「憎い」のみを「ぬくい」と発するものである。

なんで「に」が「ぬ」になるのかは不明。古語辞典で「ぬくい」を調べても載っていないから古い言い回しが今も生きてたとかいうことではなさそうだが、それなりの広い地域でかく発されてるみたいだから昔の日本語という可能性もなきにしもあらずか。

ところで、「ぬ」の方が言い易いのかというとそうでもなくむしろ現地人からしてみても「に」の方が言い易い。だから廃れつつあるのかもしれないところ。

「話すぬくい」とか「やるぬくい」とかであれば言いにくさは解消されるであろうが「話す」とか「やる」・「する」とかいう風にはならないのが遠州弁。あくまで「話し」・「やり」・「し」である。

「しにくい」と「しぬくい」は共に意味は「しづらい」という事でニュアンスも同じであり、状況や対象によって使い分けがなされているとかいうものではない。

|
|

« 遠州弁今昔 昔「つっつら」今「つったら」 | トップページ | 「とちくるう」のニュアンス »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55053081

この記事へのトラックバック一覧です: しぬくい:

« 遠州弁今昔 昔「つっつら」今「つったら」 | トップページ | 「とちくるう」のニュアンス »