« 俗語と方言の境目 | トップページ | たわい?たあい? その2 »

おっきい

遠州弁的言い回し

「おおきい」ではなく「おっきい」

別に「大きい」は言わないとかいう事ではない。

ただ「おっきい」を使った方が遠州弁っぽく聞こえるというものである。

例えば「あそこに見える大きな家の所を左に曲がる。」というのを

「あそこんさあのおおきい家んとこ左ん曲がるだよ。」

「あそこんさあのおっきい家んとこ左ん曲がるだよ。」

といった感じ。

撥音便「ん」・促音便「っ」を多用するが味噌という事であろうか。

これに長音(伸ばす音)を足せば一層っぽくなる。

「あそこんさあのぉ おっきい家んとこぉ 左い曲がるだぁよ。」

|
|

« 俗語と方言の境目 | トップページ | たわい?たあい? その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54862288

この記事へのトラックバック一覧です: おっきい:

« 俗語と方言の境目 | トップページ | たわい?たあい? その2 »