« やいやいへぼこいた | トップページ | 「してごう」とか「見てごう」は駿河の言い回じゃないのか? »

おっかさ その3くらい

遠州弁お行

「おっかさ」

おっかさという言葉のニュアンス。

沖縄の「おばあ」と遠州弁の「おっかさ」はよく似ている。

「嫁さん」・「お母さん」という意味以外にも共通語でいうところの「ママさん」とか「おふくろ」という親しみを込めた愛称といった意味で使われるものである。

なので年齢に関わらずという趣がある。無論「お姉さん」と呼べる年代になら「ねえさ」とか「あねさ」などと呼称するものだしよりご高齢であらせられれば「おばあさ」と呼称するといった年齢に関わらずといえども加減はある。

言うにしても常連さん・馴染みが発するものであって、一見やひやかしなどが発すると(あくまで言い方によるが)「ばばあ」と呼んでるに等しい馬鹿にしたものとなるところは「おばあ」とは違う点であろうか。

|
|

« やいやいへぼこいた | トップページ | 「してごう」とか「見てごう」は駿河の言い回じゃないのか? »

1-2・遠州弁お行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/55034286

この記事へのトラックバック一覧です: おっかさ その3くらい:

« やいやいへぼこいた | トップページ | 「してごう」とか「見てごう」は駿河の言い回じゃないのか? »