« 「しくさる」と「しいくさる」 | トップページ | 歌詞を遠州弁に「おちゃめ機能」 その1(前置き) »

「おもい」・「どおもい」・「どんもい」 その3くらい

遠州弁的言い回し

「おもい」・「どおもい」・「どんもい」の

勢いの違い。

まあ繰り返し記事ではあるが。

無論「重い」であって「想い」に使われる言い回しではない。

重く感じる度合いの違いであるが

「重い」<「度重い」<「どんもい」

ということである。

「ど」と「ばか」は大抵は左程違いを感じられないものだがこれに関しては(人によって解釈は異なる場合があるが)

「ばか重い」と発すると軽めと聞こえ

「ばか重い」<「重い」<「度重い」<「どんもい」

という事になる。

「ばか重い」は持ってみたら重かったという体験談的な勢いでよく使われ

「重い」以降は持ってる最中(持とうとしてる最中)に発する直な感想としてよく使われるという使いどころの違いもあろうか。

「重い」は持てる範疇だが重く感じるという程度。

「ど重い」はなんとか持てるもしくは助けを暗に求めるという程度。

「どんもい」は相当無理をしている(限界を超えてる)という程度を伝えてる。

だもんであんまりどんもいもんばっか持ってると腰おやすだいね。注意しんとを。

|
|

« 「しくさる」と「しいくさる」 | トップページ | 歌詞を遠州弁に「おちゃめ機能」 その1(前置き) »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54842281

この記事へのトラックバック一覧です: 「おもい」・「どおもい」・「どんもい」 その3くらい:

« 「しくさる」と「しいくさる」 | トップページ | 歌詞を遠州弁に「おちゃめ機能」 その1(前置き) »