« 「へんでる」と「へえでる」 その2 | トップページ | ためはる »

いっしょくたあ その2

遠州弁的言い回し

「いっしょくたあ」

「いっしょくたん」

一色にしてしまうということで「一色たん」だという考えもあるそうだが、正しくは「一緒くた」と言うが本来だそうな。共通語という。決して方言ではないらしい。

しかしてこれを

「いっしょくたあ」と言えば

遠州弁らしくなる。イントネーションは「いっしょく」は平坦で「たあ」の「た」を強く発する。

ニュアンス的には「ひとまとめ」というよりも「ごちゃ混ぜ」という勢いが強くなる。

他人の行動に対して使えば「投げやり」とか「ぞんざい」と暗に言っている。

自分の行動に関して使えば「もうどうでもいいから」とか「とにかく雑でもいいや」とかいった捨て鉢な勢いを醸し出す。

男女共に使う言い回しである。

例文

「やあ、いっしょくたあにするじゃねえよ。後で困るじゃねえか。」

「とんじゃかないらあ。自分使う分じゃないだでえ。.」

「そういう問題じゃありもしん。」

注、この場合の「自分」は「あんたが」という意味で使われている。

|
|

« 「へんでる」と「へえでる」 その2 | トップページ | ためはる »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54749157

この記事へのトラックバック一覧です: いっしょくたあ その2:

« 「へんでる」と「へえでる」 その2 | トップページ | ためはる »