« 「おもい」・「どおもい」・「どんもい」 その3くらい | トップページ | 俗語と方言の境目 »

歌詞を遠州弁に「おちゃめ機能」 その1(前置き)

遠州弁でお遊び

古語は一切なし。

っていっても昭和の遠州弁だが。

遠州弁はとかく早口で聞き取りにくいと他所の人が言ったりもする。

それは単に耳慣れないイントネーションやお約束みたいなものを知り得ていないからに過ぎないと地元民は思うのだが・・・。

まあそれはともかく、じゃあやたらくしゃ文章の長い歌詞を早口に近い感じで唄う歌を遠州弁にしてみたらどうなるだろうかというのを試してみる。

と、いっても別に歌う訳じゃないが・・・誰か「別に唄ってもいいにい。」っつう人がいたら唄ってみてやあ、止めやせんでえ。

で、試すお題は「おちゃめ機能」

この歌をどこぞの方言で【歌ってみた】というのがあってほんじゃあ遠州弁でもと思って。元歌詞は載せないのであしからず

まずは曲に乗るとかじゃなく推敲として単純に遠州弁にしてみる。(変えなくてもいいとこまで変えてみた)解釈の間違いはご容赦を。

いつでも 好きだにい 君ん ちゅーしてやあ

忘れれんもんで 僕ん大事なメモリー

遠州焼きは主食になりゃあへん だったら上書きしちゃやあ

僕んさあ思い通りじゃんねえ

ずうっとぉ傍でえ視てるにい だでバックアップは任しょう(又は任して)

左から右へと 出来事は あっちこっちどっち

君はここに居るだ?誕生日まだ先だらあ?

はあいい加減小指から 見えもしん糸主張しちゃかん

ひょんきんな心臓の音 しょんない譫言 やっきりこいたなんて

気にしてるからに決まってるじゃん

そんでも信じて倖せんなれるよう 礼儀正しく

まざぁ些細な挨拶んとっからって おい 聞いて る?

中略

夢から なんしょ 醒めんで醒めんでえ ぬくとさ逃がさんで

まだ朝はたっぷりあるもんで あと5分 じゃなく10分待たいて

注、読解力が乏しいので「乾いた心臓の音」がどういう精神状態なのか判別できなかったので「普通じゃない」ということで「ひょんきん」を使ってみた。「高鳴る鼓動」であるなら「だあだあ」を使うところ。

「淡い」を「しょんない」としたのは「わずかな・少しの」=「むなしい」→「しょんない」という流れで。「気持ちが浅い」という意味であるなら「しょんない」は不適当であるが。

次(その2)ではきちんと歌にはまるよう整えてみる(いつになるかは分からんが)。それにしてもオリジナルは耳に残るいい曲だなあこれ。

|
|

« 「おもい」・「どおもい」・「どんもい」 その3くらい | トップページ | 俗語と方言の境目 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
遠州弁で歌ってみてる人を色々探してこちらにたどり着きました。
遠州弁で「お茶目機能」を歌ってる方いましたよー。

投稿: りり | 2012年6月17日 (日) 21時15分

りりさん コメントありがとうございます。

ニコニコ動画の「づら」の使い手さんのは視聴しました。
文字(歌詞)も足して欲しいと思いました。
私の方はまあぼちぼち整えてきます。

投稿: 管理人 | 2012年6月18日 (月) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54850525

この記事へのトラックバック一覧です: 歌詞を遠州弁に「おちゃめ機能」 その1(前置き):

« 「おもい」・「どおもい」・「どんもい」 その3くらい | トップページ | 俗語と方言の境目 »