« 「いかい」は遠州弁か?違うら。 | トップページ | つれ その2 »

「きい」と「いきい」

遠州弁的言い回し

「きい」と「いきい」

例えば

「ゆっくりしてきい」だと「ゆっくりしてきなさいな」

「ゆっくりしていきい」では「ゆっくりしていきなよ」

今から温泉旅行に行く人に楽しんでと声を掛けるなら

「湯うつかってのんびりしてきい。」

温泉を所有してる人がようこそという意味合いで声を掛けるなら

「湯うつかってのんびりしていきい。」

つまり、共通語での「きなさい」と「いきなさい」の違いと同じというものであるが案外混同しやすいところがあるようだ。「いきい」は「いってこい」ではないという事。

これに「き」という「い」抜きも混ざるとよりややこしくなる。

「ゆっくりしてき」は「ゆっくりしてきな」で送り出す側及び迎え入れる側の発言という両方の意味使いとなる。

ちなみに「ゆっくりしていき」という言い方はしない。

で、これに「こ」という言い方も加えると

「ゆっくりしてこ」で「ゆっくりしてこい」

「ゆっくりしてこう」は「ゆっくりしてしておいで」

となる。「こ」を使うと「き」よりも命令(指示)口調の勢いが増す。

で、で、これに駿河方面の言い回し「ご」・「ごう」を追加すると

「ゆっくりしてご」

「ゆっくりしてごう」

という事になる。細かいニュアンスは駿河人ではないのでよく知らないがおそらくは「き」・「きい」と同じものかと推測してる。というか自分のようなよそ者からすると英語の「Go」とニュアンス的には似てるよなあと思えなくもない。

|
|

« 「いかい」は遠州弁か?違うら。 | トップページ | つれ その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54678156

この記事へのトラックバック一覧です: 「きい」と「いきい」:

« 「いかい」は遠州弁か?違うら。 | トップページ | つれ その2 »