« やっきり その3くらい | トップページ | 「ちいと」と「ちっと」 その2 »

「ざあ」・「まい」・「まいか」の違い

遠州弁的言い回し

「ざあ」・「まい」・「まいか」

これらの違いを検討してみる。

根拠がある訳では無いが「ざあ」は駿河が本場で遠州に流入してきたのではなかろうかと勘繰っているのであるが。

それはさておき、どれも日常で使われるもので、これらは受け取るニュアンスが異なる。

例えば「さあやろう」と言う場合。

「さあやらざあ」。これだと「さあやるぞ」。

「さあやらまい」。これだと「さあやろう」。

「さあやらまいか」。これは「さあやろうよ」。

といった風に聞き取れる。

従って「やらざあ」は上から目線の勢いが感じられ目下が目上に発するには相応しくない物言いという事になる。タメなら問題はなかろう。

まあ、とんじゃかない人はそんなの気にしないで平気で使ったりして渋い顔されたりするが。(この場合の「とんじゃかない」は「鈍感な」・「横柄な」という意)

「やらまい」を上から目線とするには「やりまい」を使えば「やらざあ」程ではないが多少上からという勢いになる。ちなみに「やりざあ」という言い方は無い。

なお、細かく言えば「やらざ」で「やるぞ」。「やらざあ」で「やるぞえ」・「やるぞよ」といった風に訳す方がニュアンス的には近かろう。

あくまでうちらんとこの感覚ではこう映るというもので、地域によっては異なる可能性が高いのであしからず。

|
|

« やっきり その3くらい | トップページ | 「ちいと」と「ちっと」 その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54816670

この記事へのトラックバック一覧です: 「ざあ」・「まい」・「まいか」の違い:

« やっきり その3くらい | トップページ | 「ちいと」と「ちっと」 その2 »