« 「しょんなくない」と「しょんなかない」 | トップページ | やっきり その3くらい »

遠州では使われない「やん」

遠州弁的言い回し

「やん」

は、遠州弁的ではない。

「やん」は「やん」→「やない」→「じゃない」といった流れで置き換えれそう。

逆に遠州弁に置き換えると「じゃない」→「じゃん」という流れになる。

「やはりそうじゃないか。」だと

「やっぱそうやんか」もしくは「やっぱそうやんけ」とかはやはり関西の香り漂うもので

遠州弁っぽいのとなると「やっぱそうじゃんか」となる。

「さっきからゆってるやん。」はやっぱ関西と映る。

遠州なら「さっきからゆってるじゃん。」。

要するに「じゃん」を使うので「やん」は使わないというのが遠州弁。

遠州弁は関西に近い言い回しが多いがそうでない言い回しも多々ある。独自性は薄いが関東と関西が混在した物言いをするのが遠州弁という一例であろうか。

遠州で「やん」を使った場合、普通はああ関西の人だなと認識するものであり、もし生粋の遠州育ちの癖してという奴が「やん」とこいたら、おんしゃなめてんのか?と思われかねない。

|
|

« 「しょんなくない」と「しょんなかない」 | トップページ | やっきり その3くらい »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54738845

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州では使われない「やん」:

« 「しょんなくない」と「しょんなかない」 | トップページ | やっきり その3くらい »