« 「どちらかる」と「とっちらかる」は当然違う | トップページ | イントネーションを伝えるのは難しい その2 »

まつりの日

単なるつぶやき。ぼやき。

それを遠州弁で。

きんのうは往生こいたあ。

家ん帰らすと思って22時ごろ家の近くまで車で来たら、「練り」やってるとかで家までの道そこらじゅう通行止め勝手にしてけつかりゃがった。

お蔭で家ん目の前だに辿り着けやせん。

しかもめえるとこで「練り」やってるならいざ知らず。えらい遠くの方で音してるだに、こんな離れたとこまでなんでそこらじゅう通行止めにするだあとホント怒れた。

なんでも、子供が車に轢かれちゃかんだのと、安全管理でなんかあったら役員が責任問題で突き上げ喰らうからとかいう理屈をどっかで聞いたこんあるが(正しい話しなのか単なる法螺話しかは定かじゃないが)、そこまで面倒みにゃかんもんなのか?

だいたいが練りに子供混ざるにとんじゃかないっつう考えが変だと思うやあ。混ざらんにしてもついて回らす時間じゃありもしんに。何時だと思ってるよを。(ここでいう子供は扶養されてる人間を指す)

なんしょ歳に関係なくまつりん出る以上は自己責任で全部てめえの判断でいごいてなんかあってもてめえで責任とって他人のせいになんか絶対しんっつうのがまつりの掟だと昔はおしわっただん、今はそうゆうなあ通じんくなってるみたいだやあ。文句ゆう親が悪いだらなあ。

それと、ガキでもありもしんに、身を守るの(安全確保)は役持ちがやるからってこんで、騒げりゃなんしょいいだあっつうような奴ん調子こいて心置きなく余計くるうだいね。

でえ、自分ぼけっとしててもしょんないもんで、がんこぐるり遠回りしてやっとこさ家ん着いた。通行止めさえしてなきゃ1分もかからんとこ結局5分も余分にかかった。車で5分ってどういうことか分かるらあ?

ほんで、22時半近くまでどんちゃんこうるさかっただん、急に静かんなった。

祭りは22時までと決まってるもんで、通報があっただか巡回にひっかかっただか役員がどうにか止めさせたかは分からんがなんしょピタッと止んだ。

実際のところ皆が皆くるってる訳じゃなくて、朝早くから凧やって、とって返して屋台回しい行って、町内戻って「初練り」周る。それを三日もやるだもんで、真剣にまつりやってる衆らんそんな騒げる筈ぁ(体力)ないらあ。

だで、馬鹿騒いでるなあ ばんげしま んくらいになってから蠢き出す賑やかしの便乗連中だらあなあ。

ある意味正直者が馬鹿を見るみたく、まつりが嫌われる一因として「あまりの傍若無人ぶりが目立つ」という点があるだけえが、そりゃきっと真面目にまつりやってる衆らに便乗して馬鹿やる連中がのさばるとこにあるだらなあ。

まあゆってもしょんないこんだけえが。

注、遠州弁で「くるう」は「異様にはしゃぐ」という意味。

|
|

« 「どちらかる」と「とっちらかる」は当然違う | トップページ | イントネーションを伝えるのは難しい その2 »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54638958

この記事へのトラックバック一覧です: まつりの日:

« 「どちらかる」と「とっちらかる」は当然違う | トップページ | イントネーションを伝えるのは難しい その2 »