« 「ざあ」・「まい」・「まいか」の違い | トップページ | 「しくさる」と「しいくさる」 »

「ちいと」と「ちっと」 その2

遠州弁ち行

「ちいと」と「ちっと」の違いとか

補足記事

「ちいと」も「ちっと」も特に遠州弁固有というものではないが頻度の多さから遠州弁的といえる言い回しと思える次第。

「ちいと話し聞いて」と言うのと「ちっと話し聞いて」と言うのとの違いを考えてみると

「ちいと」だと少し込み入った話し・大きな声では言えない話しといった改まった雰囲気が醸し出される。

「ちっと」だと少しの時間・片手間でいいからなどといった勢いが感じられる。

「ちょいと」と「ちょっと」の違いみたいなものといえなくもない。

次に「ちいとは気を使えやあ」と「ちっと気い使えやあ。」だと

「ちいとは」だと「少しは」というもので「遠慮・配慮しろ」と言っている。「ちっと」は「ちゃんと」・「きちんと」というニュアンスで「遠慮・配慮が足らない」とった勢いになる。

別な言い方としては「ちったあ気い使えやあ。」とか「ちいたあ気い使うもんだにい。」といったものがあり、「ちっとは」・「ちいとは」の略した言い方と考えられるもので、この場合には「ちっと」=「ちいと」というものとなる。

蛇足だが遠州弁では他に「ちょっくら」というのがあるのだが使いどころが微妙に異なる。

「ちょっくら気を使えやあ」とは言わないが「ちょっくら気い使ってくるわ」とかならある。「少しばかり」という意味合いで使われる。

話し変わって、「ちいとばか いいじゃん。分けてやあ。」と「ちっとばか いいじゃん分けてやあ。」だと、

普通は「ちっとばか」を駆使するもので「ちいとばか」という言い回しをするのは珍しい。

これは先に挙げた「ちいと」=「ちょいと」・「ちっと」=「ちょっと」という理屈を通すと「ばか」は「ばかり」・「ばかし」の略形で意味は「~ぐらい」ということなので「ちょいとぐらい」と「ちょっとぐらい」と置き換えることになる。で、「ちょいとぐらい」なんて言い方が変だということになるからである。

しかし「ちいとばか分けてくれんかねえ。」と「ちっとばか分けてくれんかねえ。」だと逆に「ちっとばか」という言い方よりも「ちいとばか」を多用するものである。

「ちいとばか」だと「ほんの少し」という意であるが「ちっとばか」だと「少しくらい」という意になって少しくらいいいじゃないかという風に聞こえる。

|
|

« 「ざあ」・「まい」・「まいか」の違い | トップページ | 「しくさる」と「しいくさる」 »

1-2・遠州弁ち行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53061643

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちいと」と「ちっと」 その2:

« 「ざあ」・「まい」・「まいか」の違い | トップページ | 「しくさる」と「しいくさる」 »