« みれん・みいれん・みえれん | トップページ | たわい?たあい? »

ど可愛いにい

遠州弁的言い回し

結構難しいもんなのかな遠州弁を喋るのは

テレビを視てたら、ドラマの番宣で磐田の雄(勇?優?)「長澤まさみ」氏VTR出演にて曰く

(このドラマ)「ど面白いにい。」

それを受けての千葉出身の広瀬アナウンサーのたまいたるは

(まさみさん)「ど可愛いにい。」

片や普通な遠州弁。こなたなんか違う遠州弁。文字に表わすと判んないだろうが

微妙なイントネーションもさることながら、継ぎというか区切るところが違うのである。

「どおもしろいにい」は「「どおも」+「しろい」+「にい」と区切って発しているから違和感は無い。

「どかわいいにい」は「ど」+「かわいい」+「にい」もしくは「どかわいい」+「にい」と区切って発しているから違和感が生じる。

この場合は「どかわ」+「いい」+「にい」と区切って発するのが普通の遠州弁であろう。「かわいいにい」の場合なら「かわいー」(いいをいーと伸ばして一音にしてる)+「にい」でいいのだが。

合ってるかどうかは知らないが、遠州弁は3文字以内でひとくくりにしたがる傾向が強いのかもしれない。遠州弁の特徴的な言葉とされる「だもんで」は四文字だが発するにおいての意識は「だ」+「もんで」か「だもん」+「で」(意味合いによって使い分けている)である。

遠州弁ってアクセントもそうだけどこういう区切る箇所が共通語と異なるというとこがあって、結構実際発するに於いて難しい言葉なのかもしれないとふと思った。

ちなみに「にい」は「から」・「よう」・「のに」等々色々使いどころによって意味合いが変わるが、この場合の「にい」は「よう」と訳すが相応しいかと。

「とても面白いよう」・「凄い可愛いよう」といった具合。

|
|

« みれん・みいれん・みえれん | トップページ | たわい?たあい? »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54423079

この記事へのトラックバック一覧です: ど可愛いにい:

« みれん・みいれん・みえれん | トップページ | たわい?たあい? »