« はんこを「おす」・「つく」 | トップページ | 「だいね」と「だんね」 »

そいで その2

遠州弁そ行

「そいで」

遠州弁というものではなかろうが遠州でも使われるということで。

「それで」の「れ」が「い」になった。もしくは「そんで」の「ん」を「い」にしてる。といった言い方。

話しの流れに乗っかってる勢いが感じられる効能があろうか。

「それでなによを」(それでどうしたの?)

と言うよりも

「そいでなによを」

といった方がより興味がある(食いついてる)という意思を伝えている勢いとなる。

「そんでなによを」だと

こちらも「そいで」と同じ効能があったりするが、使い方によっては距離を置くというかちょっと突き放した感が無きにしも非ずと聞こえる場合もあり。つまり寄ると離れる(引く)の両刀使いな言い回し。

こういう言い方が遠州独特かは知らねども、少なくとも共通語ではないことは間違いなかろう。

ちなみに「それは」を「そいは」という風には遠州ではならない。

「それが」は「それん」になったりはする。「そいが」とは言わない。

「それがどうした」を「それんなによを」とかいう風に使われるものである。

|
|

« はんこを「おす」・「つく」 | トップページ | 「だいね」と「だんね」 »

1-2・遠州弁そ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54453471

この記事へのトラックバック一覧です: そいで その2:

« はんこを「おす」・「つく」 | トップページ | 「だいね」と「だんね」 »