« ほんの日常の言い回し | トップページ | ちゃいない »

音楽聞くと思い出す諸々

特に地域ネタに限ってはいないけど、音楽にまつわる思い出。

世代がばれるがそりゃしょんない。

*「双頭の鷲の旗の下に」のイントロを聴くと

その昔SBSで朝っぱらからやっていた今日のオートレース情報が頭に浮かぶ。

親爺がそれにかぶりついてチャンネルを独占していたのが脳裏に浮かぶ。

こういう刷り込みは繰り返してこそのものであるが

*千住明「我が心の銀河鉄道」

スーパー競馬で入場の中継の際に流れた音楽である。いい曲だなあ、なんて曲だろうとずうっと思ってた。人の想いが馬に乗っかる「託す」感じがたまらない。

*THE SQUARE 「TRUTH」

F1中継のオープニングテーマである。これ聴くとF1という気になる。なんか高揚してくる。最近BSに移ってから復活した。やっぱこれでなくちゃと思える。

*小学生の時分、放課後校庭で遊んでるとうら哀しく聞こえてくるのが

「新世界より 第2楽章」(これでいいのか?遠き山に日は落ちてなのか?家路なのか?)

「うらがなしい」は正しくは「心悲しい」と書くんだそうな。でも毎日流れる「今日はここまで早よ帰れ」の合図なのでそこまで悲しい訳では無く、遊び足らなくてチェって感じで恨めしくもありという事で「うら哀しい」と書いた。

あの頃は「また明日」より「今楽しい」に未来を感じたんだけど、今はさっぱりだな。どちらかといえば「明日延ばし」が特技になってる。

*「軍艦マーチ」

ドラマや映画でパチンコ屋のシーンとなれば必ず流れていた。平和利用の転換に成功した楽曲だったよなあ。

|
|

« ほんの日常の言い回し | トップページ | ちゃいない »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/54313999

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽聞くと思い出す諸々:

« ほんの日常の言い回し | トップページ | ちゃいない »